土地活用はルネスマンションへ 変幻自在のスケルトンインフィル工法でリスクを軽減





変幻自在のスケルトンインフィル工法でリスクを軽減

ムービーで見るルネス工法
ムービーを見るには、
Macromedia Flash』が必要です
 時代の変化にともなって、家族の形が変わってきたように、人々の暮らしも変わってきています。そして、これからも私たちの暮らしは変化し続ける事でしょう。そんな変化は賃貸事業の経営に大きく影響してきます。
 人々の暮らしの変化に、うまく適応し続けることがこれからの安定した賃貸事業経営のポイント。

 変幻自在のスケルトンインフィル工法は、あらゆる使い方に自由自在に対応し、賃貸経営のリスクを減らすことができる画期的な工法なのです。



開発経緯

 マンションはこのままでいいのだろうか…。
 1970年代、マンション業界のあらゆるニーズに応えて開発したローコスト工法(大分工法)は、業者側の立場に立って開発されたもの。 しかし、私達は次のステップとして、80年代半ばより生活者のためのマンションづくりをめざした研究開発をスタート。 より広く、より快適な暮らしを望み、かつ価格を抑える…この矛盾した要望に応えるべくルネス工法は開発されたのです。



工法比較

 従来の工法ではデッドスペースをなっていた床下に深さ60cmの空間を創出。
これにより、巨大な収納スペース,メンテナンス容易な配管設備設置,上下階の遮音性低減,採光・採風性のアップが実現。 100年住宅を目指すSI(スケルトン・インフィル)住宅に最適な逆梁工法を更に進化させた独自の工法です。

性能区分
ルネスマンション
一般在来工法
マンション
一般スケルトン・インフィルマンション
1
耐久性
2
遮音性
×
3
採光・通風性
4
収納力
×
5
自由設計
6
メンテナンス性
7
資産性
8
ライフサイクルコスト
9
収益性


100年住宅に最適なスケルトン・インフィル工法

 スケルトン・インフィル住宅とは長時間の耐久性と間取の変更のしやすさと合わせもった集合住宅です 。 日本のマンションは通常、内装材や設備の老朽化などにより平均寿命が26年と言われいます。 構造躯体は しっかりしているのに、配管設備などの老廃により解体&新築という無駄を繰り返していました。そこで、 構造躯体(スケルトン部)と設備・内装(インフィル部)を明確に分離し、住む人のニーズに合わせ間取りや 内装のリフォームを容易にしながらも100年以上長持ちさせる仕組みをもったSI(スケルトン&インフィル) 住宅が今注目されているのです。

・・・


・・・


生活スタイルに合わせて可変できる内装・設備


100年以上長持する建物の躯体

耐久性

 躯体はそのままに、内装・設備部のみメンテナンスを繰り返すことで、建物自体長く使用することができます。

水廻り位置の自由度

 共用部と各住戸ごとの給排水管が分かれているので共用の給排水管のメンテナンス・交換が容易にできます。専用部分の交換も、 躯体を壊さず必要な部分のみの交換ができ簡単に・低コストで行なえます。

間取りの自由度

 将来の家族構成の変化に合わせて、ライフスタイルに合わせて、自由に間取を変えることが可能です。

ライフサイクルコスト

 現在、日本の住宅の耐用年数平均はわずか26年。欧米と比較してもかなり劣っています。100年住宅のスケルトン・インフィル住宅は、建物を長く使うことになるので、ライフサイクルコストで見ると1年当たりののコストは逆に下がります。建替えに伴う建築廃材も発生しないので、環境に負荷を与えません。

ルネスシステムとスケルトン・インフィル工法

 ルネス工法は「スケルトン・インフィル住宅」を更に進化させました。

建物のライフサイクルコスト

 建物にかかる費用は建設費だけではありません。日常のメンテナンス費用,何年かおきの大規模な修繕費など維持するための費用は建設費の4〜5倍ほどになるとも言われています。
コスト削減のためには、建設費用だけでなく、建ててから解体するまでの、建物の一生にかかる総体的なコストを考えなくてはなりません。このように、設計→建設→運営管理→解体まで建物の一生にかかる費用を”ライフサイクルコスト”と言っています。


 初期の建設費用だけ見て安くても、その後の維持管理にかかる費用が高くては、トータルで見たとき高くついてしまうことがおわかりいただけますでしょうか?

建設費だけでみると、C社が最小ですが、ライフサイクルコストも合わせて見るとルネス工法が最も経済的です。


 物の耐用年数が短い場合、建替えのサイクルが早く、建替えのたびに設計、施工など建設にかかる費用が必要となり、また、多くの資源も無駄となります


1件あたりにかかるコストの比較  
ライフサイクルコストで考えると、耐用年数47年の建物では、1年あたりの費用が513,447円/戸。耐用年数100年の建物では1年あたり286,220円/戸と、年間コストは建物を長く使える耐久性の高い建物の方が安くなります。

 ルネス工法によるマンションは、スケルトン・インフィル住宅であるため、修繕を繰り返しながら建物を長く使うことが可能。建築後のコストと地球環境に与える負荷を考慮し、ライフサイクルコストを抑えるよう努めています。


ルネスボックスシリーズ

賃貸経営のために知ってほしいこと。 ルネスboxシリーズ セミナー・イベント情報 実物件紹介 みなさんの声 ルネスの現場から 賃貸事業の基礎知識

株式会社エス・アイ・ルネス
〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目3-1  
株式会社エス・アイ・ビジネスソリューション  TEL:06-6697-9880 FAX:06-6697-9880
Copyright (C) 2010 SI RENACE CO., LTD. All Rights Reserved.